障害を克服する為の支援

レディ

理学療法士となるためには認可された教育機関で学び国家試験の受験資格を得なければなりません。この理学療法士を養成する学校は多彩なカリキュラムを提供しており、医療現場で必要とされている能力を身に付ける事が出来ます。

もっと読む

心のカウンセリングを

カウンセリング

心理カウンセラーと一口に言っても、必要とする資格には実に様々なものがあります。働く場所に応じて適する資格を得ることが必要というわけです。国家試験を受けるものや認定協会の承認を得るもの、また定期的に資格を更新するものなど色々とあります。

もっと読む

学校での質の高い学び

白衣の人

卒業後も医療に従事する者の場合には、知識や技術は常に習得し続ける必要があります。専門学校では、卒業後にも勉学に励むことができるよう、オープンな窓口を設けています。また、在学中の学生にも最新の教育施設を提供し、知識や技術を土台から支援しています。

もっと読む

人の心身を癒す仕事に就く

女性

通学通信の費用の違い

リンパドレナージュ(マッサージ)はリンパのケアをするマッサージです。リンパの流れを整えて体の中にたまった老廃物を排出します。リンパドレナージュには様々な資格があります。民間資格で、エステサロンやリラクゼーションサロンに就職する人は、資格を取ってから就職するのが一般的です。サロンで働いて経験を積んで、独立する人もいます。リンパドレナージュの知識を医療施設や介護施設で生かすために学ぶ人もいます。リンパマッサージは正しい知識を持って行わないと体調を崩すこともあります。資格を取得するためのスクールには通学講座と通信講座があります。通信講座の方が通学講座が安くすみます。通学講座の中には、趣味で家族や友人、自分のセルフケアに生かす場合の講座では安いもので3万円程度の講座があります。仕事に生かす場合の講座は安くても15万円程度します。通信講座は講座による費用の違いは少なく、10万円以下で済む場合が多いです。

スクール選びのポイント

リンパマッサージの通信講座で小論文を提出すれば資格を貰える講座もあります。リンパマッサージの講座終了後に検定試験を受けて、合格すると資格を取得できるものもあります。検定試験に合格できなければ意味がないので、自分にあった講座を慎重に選んだ方がいいでしょう。サロンの開業を目指す場合はアロマの知識があったほうがいいです。アロマの知識を学べるカリキュラムがおすすめです。また通信講座の中には添削がうけられるものもあります。添削をしてもらった方が、苦手分野の克服ができるので、添削システムがあるところもおすすめです。受講期間を過ぎても学習の延長サポートがあるスクールは良心的と言えます。リンパマッサージのスクール選びでは、資格が就職に生かせるのか、サポート体制は整っているかをきちんと確認する必要があります。まずは無料の資料請求をして、スクールを比較することをおすすめします。